FIDO(Fast Identity Online)は、ID、パスワード方式の代わりに指紋、虹彩、顔認識、音声、静脈などを活用した新たな認証システムである。ユーザーが忘れたくても忘れられない生体情報を活用して作成した認証手段である。既存の生体認証で短所として指摘された安定性と関連して、認証プロトコルと認証手段を分離して、セキュリティと利便性を手にした。

FIDO標準は2つのプロトコルを提案している。最初はUAF(Universal Authentication Framework)で、ユーザー機器から提供される認証方法をオンラインサービスと連動して認証する技術である。代表的に、指紋認識機能を使用して決済サービスを提供する「サムスンページ」を思い出すとされる。

第二は、U2F(Universal 2nd Factor)であり、既存のユーザ名とパスワードベースのオンラインサービスで追加の認証を受けようとするとき、ユーザーのログイン時に追加することができるプロトコルである。GoogleのUSBセキュリティキーを活用した方法が代表的な例として挙げられる。